社員紹介

まだ見ぬ商品を届けたい
営業

福積 賢人

東日本営業部門
埼玉支店営業第2課
2015年入社 文化情報学部卒

※取材当時

在学中は強豪校のハンドボール部に所属し、チームの士気を高める盛り上げ役として活躍。部活の経験から、多くの人に関わる仕事が自分に向いていると考えて営業職を志望。人の笑顔や幸せに貢献できる仕事がしたいと食品業界に興味を持ち、特にさまざまな商品や人との接点がある食品卸業界の日本アクセスに注目した。

私の仕事は

美味しいを
届ける仕事。

当社の企業理念である「心に届く、美味しさを」を実現するため、私は営業としてスーパーなどのお得意先さまに商品の提案を行っています。まず食品メーカーから商品の紹介を受け、お得意先さまの状況やニーズを踏まえたうえで、最適な提案を行うのが私の役割です。そして、私の提案によって導入が決まった商品は、実際の店舗に陳列され、消費者のお客さまのもとに届くことになります。

導入を決定するうえではさまざまな要因が存在しますが、やはり価格は大きな判断基準になります。魅力的な商品でありながら価格がネックになる場合には、試食などを通じて商品の可能性を説明し、導入していただけることもあります。「福積さんが言うならやってみよう」とお得意先さまから言っていただけた時には、とても嬉しいものですね。商品の知識はもちろんのこと、何よりも人同士の信頼関係が大切な仕事だと感じています。

私の仲間&職場は〇〇です!

一汁三菜

一汁三菜というのは、それぞれの個性を持った仲間たちが集っているということです。営業一人ひとりが、それぞれのお得意先さまによって異なるニーズに向き合っており、ひとつとして同じ提案はありません。そのため、もし自分の提案においてアイディアが煮詰まってしまった時には、ほかのメンバーの意見から新しい発想を得ることもあります。私の職場では、ベテランから若手まで年代も幅広く、尊敬できる先輩方にも恵まれています。そのような先輩はお得意先さまからの信頼も厚く、密かに目標にさせてもらっています。

私は今〇〇にワクワクしています!

トレンド商品の開拓

食品業界では、毎日のように新しい商品が発売されています。ですが、その中でもトレンドになる商品は一握りであり、トレンドになる可能性を秘めていたとしても、世間の目に留まらずに消えていくものも多数あります。そのようなトレンド商品の開拓も、私たち営業の重要なミッションのひとつ。最近ではテレビやSNSの影響力が大きく、常にチェックを怠らないように心がけています。どのような商品が世の中で注目されているのか、全国の拠点の仲間たちと情報共有しあい、新しいトレンド商品の開拓に挑んでいます。

仕事風景

私のビジョンは
マルチプレイヤー

私の目標は、ドライ・チルド・フローズンの三つの温度帯を担当するマルチプレイヤーになることです。営業の仕事においては、自分が担当する商品を深く知ることが重要であり、一つの温度帯に特化するケースが大半ですが、既に私はチルド・フローズンの二つの温度帯に挑戦させてもらえています。当然、たくさんの商品知識が必要とされるため苦労も多いのですが、より多くの商品に触れられることはやりがいでもあり、やがては複数の温度帯をかけ合わせた売り場展開や食べ方の提案などにもチャレンジしたいと考えています。