社員紹介

お客さまを、誰よりも“好き”になる
営業

佐藤 かおり

外食流通営業部門フードサービス
第1総合支店 営業第1課
2013年入社 行政政策学類卒

※取材当時

秋田県出身。学生時代に福島県で東日本大震災を経験し、復興支援の活動に携わったことで、食が人に与えてくれるパワーの大きさを知った。その体験から、幅広い食に関わる食品卸業界に興味を抱き、説明会で日本アクセスと出会う。特に目標にできる女性社員と出会えたことが、入社の大きな決め手になった。

私の仕事は

美味しいを
提案する仕事。

私は外食チェーンのお客さまに対するメニューの提案営業を行っています。外食チェーンのお客さまのニーズと、メーカーさまにできることをマッチングさせて、新しいメニューをつくりあげていくクリエイティブな仕事です。

たとえばお客さまからの発信でいただいたひとつのテーマについて何パターンかのご提案をして希望を具現化する手助けをさせていただくこともありますし、まったくのゼロからアイディアを考え、メーカーさまと一緒に商品を開発してこちらから新たな情報を発信していくケースもあります。世の中のトレンドは移り変わっていくため、私たちには新しい発想でメニューを提案することが求められているのです。商品やメニューのストーリーを考えながら、実際の形にしていくことがこの仕事の一番の醍醐味です。

私の仲間&職場は〇〇です!

色とりどり

私の周りの仲間たちは、みんなそれぞれ自分のカラーを持った人たちばかりです。同じ提案営業とはいっても、お客さまの企業によってそれぞれ個性が違いますし、それゆえ一人ひとりの営業スタイルも千差万別です。「自分のカラー」をしっかりと持って挑戦している姿は、見ていて格好いいと思います。いろいろな人が活躍している会社なので、「こんな人になりたい!」と思える社員が必ず見つかるのが日本アクセスの魅力であり、私自身も、憧れている先輩たちの姿を追いかけながら、毎日仕事に取り組んでいます。

私は今〇〇にワクワクしています!

お客さまと一緒に挑戦

この仕事において必要な能力は、「妄想力」かもしれません(笑)。お客さまのことを心底好きにならないとできない仕事なので、「自分の好きな人は、何を考えているんだろう」と思いを巡らせるのに似ていますね。自分の思いがお客さまと合致した時は、本当に嬉しいです。どんなコンセプトの商品をつくるのか、それを売る意味は何なのか、お客さまと日本アクセスだからできることは何なのか。お客さまと一緒に真剣になって考えて、新しい挑戦をすることにワクワクを感じています。

仕事風景

私のビジョンは
ワクワクをつくるプロになる

人生は楽しく笑っていたい。誰かと喜びを共有して笑い合っていたい。私はそんな風に考えています。それは仕事においても同じであり、お客さまと一緒に世の中がハッピーになるメニューを創造することが私のビジョンです。社内外のいろいろな人たちを巻き込んで、楽しいことを一緒に考えて、ワクワクを生み出せるプロフェッショナルをめざしています。そのためには、毎日の食事に対する意識もさらに高めないといけませんし、幅広い知識を得ることも必要です。やがては、あらゆる提案ができるような営業になりたいです。