内定者座談会

内定者座談会

先輩たちはなぜ食品卸で、日本アクセスを選んだのか。入社前にどんな思いを抱いているのか。2019年度入社予定の内定者4名が集まり、今感じていることを本音で語り合いました。

プロフィール

  • 持箸 大輔

    2019年度入社予定
    地域政策学部

  • 小茂田 歩希

    2019年度入社予定
    経済学部

  • 阿部 まりな

    2019年度入社予定
    教育学部

  • 松原 あゆみ

    2019年度入社予定
    言語文化学部

talk.1

なぜ「食品卸」で、「日本アクセス」だったのか

私は昔から食べることや飲むことが好きで、食品業界を志望しました。食品卸を選んだのは、自社商品に限らずいろいろな商品を扱えるから。本当に良いと思える商品を扱うなら食品卸だと思いました。

私は小学生の頃から野球を続けており、身体をつくる食の大切さを感じていました。初めは食品メーカーを見ていましたが、食品卸のことを知ってからは、扱える商品の幅広さに魅力を感じました。

2人とも食品卸の多様性に惹かれたんですね。私も幼少期から食に興味を持っていて、「働くなら食品業界!」と決めていました。食品卸のインターンシップを受けたところ、メーカーと小売をつなげて良いものを届けるという卸の役割を知って、「私のやりたい仕事はこれだ!」と、ビビッときましたね(笑)。

私は海外に興味があって、大学では外国語を中心に勉強したのですが、国や文化による食の違いも面白くて、食に関わる仕事がしたいと思うようになりました。食って、人と人をつなぐツールでもありますよね。特に食品卸は、メーカーと小売をつなぐ役割なので、より多くの人に食を届けることができると思いました。

私が食品卸の中でも日本アクセスを選んだ理由は、食品卸の機能としても、社員の方々の人の良さもトップクラスで、「最強の卸」だと思えたからでした。皆さんはどうですか?

私も日本アクセスの会社説明会で知りたかった話をたくさん聞けて、ここなら入社後もギャップなく働けると思えました。

持箸さんが「最強の卸」だと言いましたが、卸の中核ともいえる物流機能に強みを持っているのが、私が日本アクセスを選んだ理由です。

私も小茂田さんと同じで、説明会や面接で「聞きたいことは何でも聞いてね」と言ってもらえて、ここなら自分らしく働けると思いました。

対談イメージ

talk.2

選考の感想や日本アクセスの印象

日本アクセスは何度も説明会を開いてくれましたよね。私は仕事内容が知りたくて、いろいろな社員の方に何度も質問させてもらいました。毎回発見があって、とても参考になりました。

私も女性の働き方が気になっていて、長く働き続けられるのか、出産した人も戻ってきて働けるのかなど、いろいろと質問させてもらって、ちゃんと不安を払拭できました。

私も仕事内容は気にしていて、たくさん質問しましたね。説明会が終わった後も社員の方が残って話を聞いてくれて、気が済むまで質問できました(笑)。私が見てきた会社の中で一番親身になってくれました。

私は、仕事内容はもちろん社内の雰囲気や風通しの良さなど、HPなどを見てもわからないことを聞きました。社員の方は、本当にしっかりと答えてくれますよね。

私もそう思います。私は面接前にとても緊張していたのですが、人事の方が「大丈夫だよ」と優しく話しかけてくれたのが印象に残っています。

私も面接の度に緊張していましたが、持箸さんと同じく人事の方が緊張をほぐしてくれたので、面接では自分らしくいられました。

説明会や面接を通じて、やがて同期になる人たち同士での会話が多かったですよね。その雰囲気が良くて、こんな人たちと働きたいと思いました。

そうですね。皆さん食が好きという点では共通していますが、偏りなくいろいろなタイプの人がいる印象があって、個人的には人材の多様性も魅力だと思いました。

対談イメージ

talk.3

後輩へのアドバイスと、
未来にかける想い

会社説明会に参加する際は、事前に聞きたいことを整理しておくといいと思います。「自分しか知らない日本アクセス」を発見できます。

同業他社とも比較してほしいですね。どんな会社だったら働きやすいのか、自分の目で見てほしいです。私は、一番たくさん話をしてくれたのが日本アクセスだったので、ここを選びました。

私は群馬の大学なので東京まで出るのが大変だったのですが、それでも日本アクセスの説明会には何度も参加して、その度に新しい発見がありました。実際に足を運んで肌で感じることは大切です。

本当に説明会は重要ですね。空気感が自分に合うか、体感できる機会ですから。ところで皆さんは、入社してからどんな仕事がしたいですか?

私はナショナルチェーン向けの営業がやりたいです。自分が良いと思って提案した商品が採用されると、全国の店頭に並ぶことになります。社員の方から話を聞いて面白そうだと思いました。

私はデリカ事業に興味があります。注目されている分野ですし、商品の中身を決めるということは、いろいろなメーカーの商品を自分の目で選び抜くということです。

私は入社動機の一つでもある物流を極めたいです。「頼られる物流」というキーワードを聞いて、「格好いい」と思いました。

就職活動中から流通加工事業に興味があります。日本アクセスは賞味期限を長くしたり、食品ロスをなくす取り組みをしているので、そういった意義のある仕事に私も携わりたいです。

皆さん、それぞれの夢を持っているんですね。私たちだけでなく、同期は個性豊かな人たちばかりで、一緒に働くのが今から楽しみです。

まさか入社前から同期とこんなに仲良くなれるとは思っていませんでした。いろいろなエリアに配属になると思いますが、お互いに連絡を取って頑張っていきましょうね。