業界・企業研究

業界のこと、日本アクセスのこと、
あなたのギモンにお答えします。

  • 食品産業の中で、卸売業はどれくらいの規模なんだろう?
  • 食品卸と食品メーカーって何が違うの?
  • 小売業から見た、食品卸があることによるメリットは?
  • 卸売企業の中で、日本アクセスの強みはなんですか?
  • 日本アクセスは、自社で商品を作らないの?
  • どうやって消費者の声を拾っているの?
  • 日本アクセスの今後は?

Q1

食品産業の中で、
卸売業は
どれくらいの規模なんだろう?

83兆円を超える食品産業界において、
すべての事業領域が卸売業のフィールド。

国内の全食品関連市場(フルマーケット)は83兆円。さらに食品関連物流市場、海外食品流通市場も加えた事業領域が、当社の全フィールドです。食品関連市場の川上から川下までを担う、この広大な領域の中で、当社が特に注力しているのは、小売店などを対象とした「食料品小売市場分野」。生鮮・中食・外食を扱う「生鮮・食材流通市場分野」。お得意先様の共同配送センターの運営や、メーカーへの調達物流などを行う「食品関連物流市場分野」の3分野です。このように広い事業領域をカバーしつつ、かつ得意とする新分野への強化も怠らない姿勢が、変化に対応し、さらなる組織の成長の糧となっています。

全食品関連市場
日本アクセスが注力する市場分野別戦略軸

Recommended!

さまざまな領域の商品を扱う
卸売業の営業担当の仕事って?

INTERVIEW

Q2

食品卸と食品メーカーって
何が違うの?

さまざまな食品メーカー(生産者)が開発・製造した商品を
食品卸が取りまとめ、小売店や外食店へと届けます。

食品卸売業界は、一般消費者からは知られることが少ない業界です。しかし、食の選択の幅をひろげ、食生活を豊かに、楽しくするために、なくてはならない存在です。食品卸の果たす役割は大きく分けて2つ、『商流』と『物流』です。『商流』は商品の売買によって商品の所有権が移転していく、即ち商売の流れを指し、『物流』は保管・加工・輸送など生産者から消費者の手にわたるまでの物の流れを指します。メーカーから仕入れた商品を品質管理し、需給をコントロールしながら、必要な時に必要な商品を届けることや、代金決済を請け負うなど、その役割は多岐にわたります。

日本の食品流通の流れ

日本の食品流通の流れ

Recommended!

小売店や外食店に商品を
届ける仕事って?

INTERVIEW

Q3

小売業から見た、
食品卸があることによる
メリットは?

商品や食材の選択幅がひろがり、
メーカーから店舗までの商品配送のコストを削減。

小売業が「美味しいを充実」させ、消費者からの高い満足を実現するためには、商品や食材の広い選択幅が必要です。しかし、メーカー毎に発注し、各々の配送や決済処理に対応していたのでは、必要となるコストや時間も多大となり、結果「美味しいへの、遠まわり」となってしまいます。そこで食品卸が、これらの業務を取りまとめ代行し、コスト・時間・人員的負担などの削減を行うことで、「美味しいへの、近道」を実現します。

卸売業が介在しない場合
卸売業が介在する場合

Recommended!

商品配送の要を担う
物流の仕事って?

INTERVIEW

Q4

卸売企業の中で、
日本アクセスの強みは
なんですか?

3温度帯の食品を扱う「全温度帯流通機能」と
豊富な物流インフラによる流通最適化力。

当社の最大の特長は、ドライ(常温)・チルド(冷蔵)・フローズン(冷凍)の3温度帯の食品を全国のお得意先様にお届けする「全温度帯流通機能」です。その中で、チルド食品・乳製品・冷凍食品等を含む「低温事業」に関して、業界トップクラスの事業規模を誇っています。また、ドライ商品の乾物・乾麺においても国内最大規模の商品数を取り扱っており、その圧倒的な商品数が、お客様ごとに最も適した提案を可能にします。その他にも、当社は、約550ヶ所の物流拠点、約10,000台に及ぶトラック網という、強力な物流インフラを完備しています。3温度帯の商品幅に加え、このインフラを駆使することで、ローコストでハイクオリティな「日本アクセスだからできる。」が生まれます。

温度帯別売り上げ構成比(2018年3月期)

温度帯別売り上げ構成比
日本アクセスが注力する市場分野別戦略軸

Recommended!

全温度帯の商品を
日本全国に運ぶ仕事って?

INTERVIEW

Q5

日本アクセスは、
自社で商品を作らないの?

食品卸で培ったノウハウを活かし
PB(プライベートブランド)を展開しています。

新しい価値創出への行動が、企業成長の鍵であると考え、当社では、付加価値ある商品の創出にも積極的に取り組んでいます。メーカー各社と製造分担を行いながら協業することで、商品開発力を強化し、「小売における売場の活性化を促す」という狙いで展開しています。ただ商品を開発するだけではなく、メーカーの商品と競合しない商品かつ小売業・消費者の方々にとって「あったらいいな」と思われるような商品を開発することで、様々なシーンで「おいしい!」と喜ばれる商品を「アクセスブランド」として続々、発信しています。

Delcy
miwabi

Recommended!

日本アクセスの
商品開発の仕事って?

INTERVIEW

Q6

どうやって
消費者の声を拾っているの?

生活情報誌「Mart」とのタイアップや、
アクセス業務用市場開発研究会により、最新の消費者ニーズを把握。

生活情報誌「Mart」とのタイアップにより、市場を動かしている主婦(夫)層の最新ニーズを常に把握。新商品について、読者に直接投票していただく機会も設けています。また、国内外の業務用市場活性化を推進する、アクセス業務用市場開発研究会(AG研)では、業務用メーカー様166社とのパートナーシップにより、様々な食シーンにあったメニューの開発など研究を行っています。これらの機能をフル活用することで、めまぐるしく変化する消費者のニーズや、多様化する食シーンに対応できる、「本質的な課題に向き合った提案」を可能としています。

Mart新商品グランプリ(2018年の様子)

Mart新商品グランプリ
Mart新商品グランプリ

Recommended!

消費者のニーズを捉えて
広める仕事もあるの?

INTERVIEW

Q7

日本アクセスの今後は?

「モノの提供」のみならず、「価値とサービスの提供」へ。
そして、「卸売」から「卸企業」へ。

例えば、全国に跨る物流網を活かした新たな価値を届ける幹線物流の構築であったり、例えば、外食店への「食材提案」の枠を超えた「メニュー提案」であったり、例えば、PB(プライベート)商品の開発による、製造市場への挑戦であったり、現在、当社の各々の事業部が、それぞれ「卸売」の枠を超え、お取引様へ様々な角度からサービスを提供する「卸企業」へと変化を遂げようと動いています。川上から川下までの食品流通全体に携わっている当社だからこそ提供できる価値やサービスを創出し、お取引先様にとって「なくてはならない最強のパートナー卸」を目指します。社会全体、ひいて業界全体の過渡期である昨今。この機会をチャンスと捉え、日本アクセスは挑戦を続けていきます。

食に関わるすべてを担える
“最強のパートナー卸”へ

最強のパートナー卸

Recommended!

食品を直に扱う以外にも
どんな仕事があるの?

INTERVIEW

食品の安全を守る
仕事もあるの?

INTERVIEW